BUYMAで偽物の疑いがある商品?いざという時の対処法を紹介

村長

えっ!?BUYMAに偽物のブランド品なんてあるの!?

 

BUYMAでお買い物をする人も、

BUYMAでブランド品を販売する人も、

ニセモノなんて扱いたくないですよね。

 

今日はBUYMAには偽物があるのか?

というテーマについて解説しますね。

 

 

なぜBUYMAで偽物が心配されるの?

そもそもなぜ、BUYMA=偽物みたいな心配をされるのでしょうか?

BUYMA(バイマ)というサイトは

海外のブランド品を日本で購入できるとっても

便利なサービスを提供しています。

 

購入者にとっては海外の限定品や、ブランド品が

自宅にいながら購入できて便利ですし、

 

販売者にとってはお客様の代わりに海外商品を購入して

お届けすることで商売として成り立ちますのでビジネスとして

活用されています。

 

『海外から輸入、ブランド品』と聞くと

どうしても頭をよぎるのが、偽物なんじゃないかという不安です。

 

しかし、BUYMAでは偽物品の取り扱いはありません。

 

それをネット上では、

『偽物に騙されないポイント』とか

『偽物の見分け方』などと、あたかも日常的にBUYMA内で

偽物が扱われているかのような表現の情報が目立ちます。

 

そうです。

そもそも、偽物被害にあった人が多数いるという訳ではなく、

ネット上の記事によってそう擦り込まれているのです。

 

 

なぜ偽物の商品が販売されるのか?

そもそも偽物販売って犯罪ですよね?たまにNEWSでやるヤツだよね。

決められたルールの中で、正規品を売る。

この当然の事で商売というもは成り立ちます。

 

ですが、この場合、参入が早くすでに固定客を獲得できているショッパーや、

仕入先と契約して卸仕入れなどしている方が有利です。

 

ですので、後から参入するショッパーは努力を積み重ねる事が必須になります。

ですが、その努力をしたくがないために

「楽に儲けられないかなー」と考えてしまいます。

 

そして、楽に儲ける方法として

高価格で高利益のブランド品の偽物を販売します。

 

本来は正規の店舗で買い付けを行いそれを販売しますが、

価格が高くなるほど仕入代金も高くなり、ライバルとの価格競争に勝てません。

ですので販売数は少なく利益率を上げる必要があります。

 

偽物を販売した場合、粗悪な素材を使い製造原価を抑えていますので

仕入れ価格が安く、販売価格を安くしても利益が出ます。

 

結果利益率も高く販売数も多くなりますね。

それと共にブランド力があります、偽物ですが。

 

まず初めに新規の商品をアピールする広告費や宣伝費もかかりませんので、

ただ粗悪な素材で作って売る。

 

これで「楽して儲けられる商売」の完成です。

 

これを聞いて自分もやってみようなどと思いますか?

普通の人はルールや法律を守ります。

わざわざ犯罪まで犯して偽物をBUYMAで販売するリスクを犯しますか?

 

 

偽物は犯罪です。

意図して偽物販売してたら犯罪だし、そんなの放置する訳ないじゃん。

何故決められたルールや法律があるかというと。

正当な努力を積み重ねた上で

それぞれの独自の商売をして競争することはあたりまえの事ですね。

 

すぐに真似して楽に稼げるのが許されてしまうと、

競争の中での成長がなくなります。

 

それは社会の進化が減退してしまう事にも繋がります。

偽物があるという小さな事ですが、積み重なると大きな事になります。

ルールを破る事は、逮捕されるばかりか社会の悪になります。

 

とい訳で結論としてわざわざBUYMAで偽物を

意図的に販売する人は皆無です。

 

しかし、意図せず偽物を扱ってしまった場合には

どうでしょうか?

 

そこで今人気のBUYMAは偽物についてどういう対策をとっているのか?

そもそも偽物が商品に混ざっているのかを解明していきます!

 

 

BUYMAには偽物ブランドが・・・

利用者数で考えれば紛れ込まないとも考えられないけど、、

2017年のBUYMAの利用者数は400万人を突破しました、

それだけの人間が関わってくると

たしかに悪い事を考える人間が皆無なんて事ありえませんよね?

 

例えばですが、日本の年間の犯罪発生率は

平均して100万件を超えています。

 

これは減少の傾向にありますが、

単純に計算しても「130人に1人」が犯罪を犯しています(実際の数ではありません)

 

これが400万人以上も関わっているサイトとなると、

偽物が横行してしまう可能性はある訳です。

 

でもそれは、「運営側が何も対策していない無法地帯なら」です。

そして、そんな無法地帯のサイトは誰も利用したいと

思わないですよね。

 

お客様がいないとなれば会社として利益どころか、

会社の存続に関わりますのであり得ないのです。

 

BUYMA内で偽物が扱われないように

しっかり対策が取られている訳です。

 

 

偽物ブランドに対する対策①

ちゃんと対策してないとサイトとして会社として成り立たないですからね。

実際に偽物が世の中に存在する事で、

BUYMAのカスタマーサポートセンターは

本物保障制度として「無料鑑定サービス」を行っています。

 

これは商品が手元に届いた時に、

偽物ではないかと思ったらサポートセンターに鑑定を依頼する事ができます。

実際に偽物と判定した場合は、代金の返金がされるというシステムです。

 

これは、購入時のオプション「あんしんプラス」に未加入でも

利用できるサービスです。

 

あんしんプラスとは、4つの補償制度で、

 

「本物保証制度」「返品補償制度」

「初期不良補償制度」「紛失補償制度」

 

それぞれをBUYMAが補償してくれます。

 

こちらは、事前の購入時に「あんしんプラス」

というオプションを付ける必要があります。

 

これは購入代金の「1.44%」または「2万円以下は一律288円(税込み)」の

 

支払いが必要になりますので無料ではないので気を付けましょう。

 

本物かどうかの鑑定はあんしんプラスに加入していなくても

無料で行ってくれますので安心してBUYMAはご利用いただけますね。

BUYMAの無料鑑定サービスについて

 

 

偽物ブランドに対する対策②

意外と抜き打ちチェックはあります。それは販売者も購入者も守るためですね。

また、BUYMAで販売者をしようと思うと

最初の初出品の時点で審査があります。

 

審査を通過したショッパーしか活動はできませんし、

その後も見回りパトロールはされています。

 

特に偽物の多いブランドは、出品の段階で厳格な審査がありますし、

取引発生時に審査を受けることもあります。

 

また、過去に偽物が扱われた仕入先に関しては、問答無用で

BUYMAでの出品は禁止される仕入先と設定されます。

 

そのような禁止された仕入先から商品を仕入れた場合には

その時点で出品者はアカウント停止となります。

 

ですから、ショッパーへの登録時点、

初出品の時点、偽物の多いブランドを出品時点、

取引が発生時点、とBUYMAの偽物への対策としての

審査があります。

 

バイヤー視点での偽物への対処方法

仕入れの前に必ずチェックはしていればまずは大丈夫ですね。

先ほどまでは消費者視点で偽物への対策でしたが、

悪意がなく偽物の商品を販売してしまう事もあります。

 

それは買い付け先の店舗自体が偽物の販売店だっだ場合です。

「買い付け→バイヤー(販売)→購入(消費者)」という流れで

BUYMAの商品は動いていますので、

バイヤーも偽物と判別できていない事もあります。

 

それは、お客様になんとか安くお値打ちに商品を

お届けしたいという気持ちから安い仕入先を探した結果、

詐欺サイトで偽物を購入してしまうパターンです。

 

バイヤーの対策としては、

まずは、その仕入先の安全性、信頼性を確認する必要があります。

安全性の確認についてはこちらの記事で解説しています。

バイマで偽物を仕入れない!仕入先の安全性を確認する方法とは

 

正規品を間違いなく

取り扱っているショップを確認しておく事は大切です。

 

利益を上げるために商品を増やす事は大事ですが、

まずは信頼できるショップを見つけましょう。

 

事前にこのチェックさえしていればまず、偽物を

扱うようなことはありません。

 

 

バイマに結局ニセモノはあるの?

結局BUYMAに偽物なんてないのに発信者に煽られてるだけ

結局、結論としてバイマにニセモノがあるのか?

ですが、今回お伝えした通り、基本はありません。

 

そのような商品が出回らないようにチェックや審査、パトロールがされています。

そこを掻い潜ってまで販売してもすぐに見つかり大量に販売できなければ

偽物を販売する犯罪者としても意味がないからです。

 

ですから、意図的に偽物を販売するような人は皆無です。

 

万が一、あるとしたら、安い仕入先を探した結果、偽物を購入してしまった

バイヤーなどですが、その場合には本物鑑定に出せば大丈夫です。

 

結局、ネット上で、

「BUYMAで偽物に騙されない方法」とか

「知らないと騙されるバイマの偽物」とか

消費者を煽るようなタイトルでブログを作成している

一部の情報発信者の影響で『BUYMA=偽物』という

イメージがついているだけです。

 

 

まとめ

BUYMAには偽物ブランドが存在するのか?という話をしました。

結論としては、ゼロとは言えないとしても

意図的に偽物を販売することはできないし、そのような商品は皆無と言えます。

 

偽物を販売することは犯罪です。

その犯罪行為を野放しにしてBUYMA事務局が放置し続けることが

あるわけがなく、あればサイトが閉鎖しています。

 

そして、もし心配になった際には無料で本物鑑定をしてくれるサービスが

ありますので利用しましょう。

 

偽物の商品への対処は知っておいて損はありませんので

正ししく上手にBUYMAを使いましょう。