BUYMAで偽物の疑いが。いざという時の対処法を紹介

どうも江川です。

商売をする上で開業資金は大事になりますよね。もちろんそれを抑えてできるなら、開業や起業はとても簡単なものです。

今サラリーマンをしていて、いつかは自分の店を持つという人もいると思います。

その為には開業資金を溜める事が必要です。その情熱で参入障壁を越える事が今後の商売を続けられる第一歩でもあります。

この事だけ聞くと、よほどの気持ちがないととても面倒ですよね?

リスクもありますし、ですが中には簡単に始める事もできます。

例えば既製品の偽物を売るとか・・・。

 

 

なぜ偽物の商品が販売されるのか?

決められたルールの中で、正規品を売る。この当然の事で商売というもは成り立ちます。

ですが、この場合参入が早くすでに固定客を獲得できているや、大企業で長期的に安定した収益と広く販売が可能な場合が有利です。

 

ですので、今から商売を始める場合は努力を積み重ねる事が必須になります。

ですが、その努力をしたくがないために「楽に儲けられないかなー」と考えてしまいます。

 

そして、楽に儲ける方法として高価格で高利益のブランド品の偽物を販売します。

本来は正規の店舗で買い付けを行いそれを販売しますが、価格が高くなるほど仕入代金も高くなり、消費者ターゲットも絞られてきます。

ですので販売数は少なく利益率を上げるという商売の方法になります。

 

偽物を販売した場合、粗悪な素材を使い製造原価を抑えていますので安く販売しシェアが広がります。結果利益率も高く販売数も多くなりますね。

それと共にブランド力があります、偽物ですが。

まず初めに新規の商品をアピールする広告費や宣伝費もかかりませんので、ただ粗悪な素材で作って売る。これで「楽して儲けられる商売」の完成です。

 

これを聞いて自分もやってみようなどとは思ったら駄目ですよ?

何故決められたルールや法律があるかというと。

正当な努力を積み重ねた上でそれぞれの独自の商売をして競争することはあたりまえの事ですね。

 

すぐに真似して楽に稼げるのが許されてしまうと、競争の中での成長がなくなります。

それは社会の進化が減退してしまう事にも繋がります。

偽物があるという小さな事ですが、積み重なると大きな事になります。

ルールを破る事は、逮捕されるばかりか社会の悪になります。

 

そこで今人気のBUYMAは偽物についてどういう対策をとっているのか?そもそも偽物が商品に混ざっているのかを解明していきます!

 

 

BUYMAには偽物ブランドが・・・

2017年のBUYMAの利用者数は400万人を突破しました、それだけの人間が関わってくると悪い事を考える人間が皆無なんて事ありえませんよね?

例ですが、日本の年間の犯罪発生率は平均して100万件を超えています。これは減少の傾向にありますが、単純に計算しても「130人に1人」が犯罪を犯しています(実際数ではありません)

 

これが400万人以上も関わっているサイトとなると、偽物が横行してしまうのは仕方ないと考えられます。

ですので、事実も交わる事ながら、BUYMAには残念ながら偽物ブランドが存在しています。そしてそのサポートはされているのでしょうか?

 

 

偽物ブランドに対する対策

実際に偽物が存在する事で、BUYMAのカスタマーサポートセンターは本物保障制度として「無料鑑定サービス」を行っています。

これは商品が手元に届いた時に、偽物ではないかと思ったらサポートセンターに鑑定を依頼する事ができます。

実際に偽物と判定した場合は、代金の返金がされるというシステムです。

 

ですが注意してほしいのは、無料と付いてはいますが事前に購入時に「あんしんプラス」というオプションを付ける必要があります。

 

これは購入代金の「1.44%」または「2万円以下は一律288円(税込み)」の支払いが必要になりますので実際には、無料ではないので気を付けましょう。

この事から分かるように大手サイトでも偽物を完全に撤廃する事は難しく、発生した場合にサポートをする事で対処しています。

万が一偽物の疑いがあっても諦めないように、あらかじめ「あんしんプラス」を利用する事をおすすめします。

 

 

バイヤー視点での偽物への対処方法

先ほどまでは消費者視点で偽物への対策でしたが、悪意がなく偽物の商品を販売してしまう事もあります。

それは買い付け先の店舗自体が偽物の販売店だっだ場合です。

「買い付け→バイヤー(販売)→購入(消費者)」という流れでBUYMAの商品は動いていますので、バイヤーも偽物と判別できていない事もあります(責任は双方にあります)

 

バイヤーの対策としては、正規品を間違いなく取り扱っているショップを確保しておく事です。利益を上げるために商品を増やす事は大事ですが、まずは信頼できるショップを見つけましょう。

 

知人もBUYMAではないですが、他オークションサイトで偽物と知らずに販売してしまい返金+商品は返品されてこなかった事があります。販売先に悪意があって正規品だけどそれを偽れた可能性もありますが・・。

このような事もありますので、偽物の商品への対処は知っておいて損はありませんので正ししく上手にBUYMAを使いましょう。

この記事をシェアする?

BUYMA パーソナルショッパーズガイド
無料で毎朝配信
「一問一答メルマガ」

今日からはじめられる!
サラリーマン・OL・主婦、誰でも!
初心者読者さんの質問に毎日答えるモーニングメールマガジン



BUYMA パーソナルショッパーズガイド
BUYMAの初心者のための
「完全スタートガイド」

BUYMAの教材をプレゼント!
無料メルマガで活動をサポート!
BUYMAの登録方法からリサーチなどの基本がわかる!



ABOUTこの記事をかいた人

バイマのブログを運営しているパーソナルショッパーディレクター江川誠一です。このブログではBUYMA初心者が在宅で稼ぐ方法を中心に書いてます。家族とのんびり暮らしたいので会社を辞めて湘南に移住してバイヤーとブログで食べてます。