確定申告しないとどうなるの?|バイマと税金⑨

確定申告についていろいろお伝えしましたが、

やはり内容が難しかったり、手間のかかる作業だなと感じることもあると思います。

やらなくても大丈夫だろう、バレないだろうなんて考えてる方も、もしかしたらいるかもしれません。

今回はこういう場合にどうなるかをお伝えしたいと思います。

確定申告しないとどうなるの?

いろいろなペナルティが存在します。

・無申告加算税
確定申告をしないことによるペナルティです。
本来納める税額に対して、最大で20%取られます。

 

・延滞税
確定申告を期限から延滞したことによるペナルティです。
これは最大で7.3%取られますが、もちろん、期限が長引くほど、税額は多くなります。

 

・ほ税
不正な手段などで納税を免れることです。
所得の隠蔽、帳簿の偽造などが該当します。
ここまできたら犯罪です。最大で5年以下の懲役もしくは500万円以下の罰金です。

他にもいろいろとありますので、確定申告をしないペナルティは大きいです。

 

確定申告しないとバレるの?

結論から申し上げますと、いつかはバレます。

特にBUYMAのようなプラットフォームを介して行うビジネスの場合にはなおさらです。

BUMYAを運営している株式会社エニグモは年間40億を超える売上のある会社です。

このようなしっかりしている会社には当然税務調査が定期的に入ります。

 

その時にバイヤーの情報を得て、確定申告しているかどうかを調べることは容易なことです。

ただ見つかっても、すぐには言ってきません。

なぜなら、長い期間確定申告をしていない方が、より税金を取ることができるからです。

最大で7年遡ってきます。

 

もし周りに、確定申告してなくてもバレてないんだー、

なんてことを言っている人がいたら、

それは、たまたま運が良いか税務署に泳がされてるかのいずれかです。

 

今回は確定申告をしない場合についてをお伝えしました。

そもそも稼ぎがある以上、確定申告はしなければならないものです。

一時的に税金を納めずに、得したという考えた方はやめて、

納めるものは納めて、本業に力を入れる方が、本業もきっとうまくいきます。

 

まとめ

・確定申告しないといろいろなペナルティがつく。
・確定申告していないと、いつかはバレる。
・やることはやって、稼ぎに力を入れるべし。