確定申告はするべき?part 1|バイマと税金③

先日、確定申告は、

・しなければいけないケース

・しなくて良いケース

・した方が良いケース

があるとお伝えしました。

本日はこちらを掘り下げて行きたいと思います。

確定申告をしなければいけないケース

・本業の他に20万を超える収入がある場合

給料の他に収入があって、その合計が20万を超える場合には確定申告が必要です。

本業の他にアルバイトをしてる場合も同様です。

BUYMAで月2万円利益が出ていると、該当しますね。

ただしヤフオクやメルカリなどにご自身の不用品を売る場合は確定申告しなくていいです。

 

 

確定申告をしなくて良いケース

・BUYMAなどの事業での副業の所得が20万以下の場合

副業の収入が20万以下であれば、確定申告不要です。

まだBUYMAを始めたばっかりですとか、月に1万円くらいの利益の場合ですと、該当します。

 

・BUYMAなどの事業が本業でその所得が38万以下の場合

給料など他の収入がなく、インターネットビジネスなどが本業で、

そこからのみ収入がある場合、所得が38万円以下であれば確定申告不要です。

これはBUYMAだけでの利益が年間38万円以下である方が該当しますね。

例えば、主婦の方がお小遣いを得るために、BUYMAだけやられている場合などはこちらに該当します。

余談ですが、この場合は旦那さんの扶養に入れますので、心配いりません。

 

上記2件の違いについて、詳しくご説明すると、

話が難しくなってくるので、割愛しますが、

本業と副業ではラインが違うということです。

ご覧になられているかたは副業でやられている方が多いかと思いますので、

BUYMAの利益が年間20万円以下であれば、確定申告は不要だということを認識いただければ大丈夫です。

確定申告をしたほうが良いケースについては、また次回お伝えします。

 

まとめ

・BUYMAで20万円以上利益がでたら、確定申告をしなければならない。
・主婦の方などBUYMAのみ収入がある場合、利益が38万円以下まで確定申告をしなくてよい。