【BUYMA初心者向け】仕入先が日本に発送可能か調べる

egawa
BUYMA初心者にとって仕入先リサーチは課題の一つですよね!

本日は、BUYMA(バイマ)の初心者向けのブログです。

仕入先をリサーチ出品して、いざ注文が入り仕入れをしようと
思ったら『日本に直送できない!!』

初心者にはよくある話かと思います。

仕入れの際に日本直送可能か事前に調べる方法についてお伝えします。

 

江川もBUYMAを初めてすぐの頃は日本へ発送するかどうかを確認する方法がわかりませんでしたが、調べたらすぐにわかりました。

一度知ってしまえば難しくないので、是非、参考にしてくださいね。

今日学べること●仕入先が日本へ直送発送するか確認する方法

 

 

1. 仕入先の配送ルールを確認

仕入先の配送ルールの確認方法は難しくありません。

サイト内の配送ルールを確認すれば良いだけです。

 

そうは言っても『配送ルールを確認』って何?という人もいるのであとで画像付きで解説しますね。

英語を読める人ならサイト内をくまなく見ていけばわかりますが、英語の読めない人にはちんぷんかんぷんですよね。

 

配送ルールは、一般的にオンラインサイトのフッター部分にリンクが記載されています。

フッターとはサイトの一番下の部分です。

 

そこに、

・Shipping info

・Delivery info などと書かれています。

英語のわからない人は、このShippingとかDeliveryか、Internationalとか書いてある項目をチェックしてみれば、配送ルールに関することが書いてあるので参考にしてください。

 

 

2. 仕入先のパターン紹介

2-1. Deliveryを確認

それでは、実際にいくつかのパターンで解説しておきますね。

仕入先によって様々ですが、ShippingDeliveryか、Internationalの単語を意識しておけばわかりますのでご安心くださいね!

International Deliveryをフッターから確認する

こちらの仕入先サイトはオーソドックスなパターンです。

フッターのDeliveryをクリックして、次のページのInternational Deliveryをクリック。

 

国の選択が表示されますのでJAPANを選択します。

ここで日本に配送できない場合は、JAPANが表示されない可能性があります。

 

その先に配送期間や配送業者、配送料が表示されます。

 

egawa
仕入先サイトによっては、いくら以上購入などの基準を満たすと配送料が無料になるようなサービスもありますので合わせて確認してくださいね。

 

 

2-2. Shipping informationを確認

Shipping informationを確認する

こちらもシンプルなサイト。

Shipping infomationをクリックすれば日本までの配送料が表示されます。(サイトに日本からアクセスしている場合)

 

 

2-3. 配送先国一覧の確認

フッターのDelivery&Returnsを確認。Japanまでの送料25ポンド

こちらの仕入れ先サイトは国の地域で表示を分けているパターンです。

このサイトは、Japanの表示はありますが、ここがAsiaで一括りになっているサイトもありますので見落とさないよう確認してください。

 

 

2-4. Customer Serviceを確認

フッターのCustomer Serviceを確認。転送業者を案内される。

こちらで仕入れする場合は、ShippingDeliveryの表示のないサイトです。

それでも、どこかに配送ルールは記載されているものなので、このサイトのようにCustomer Serviceを確認したり、それらしきinfomationを確認してください。

 

そして、この仕入先サイトは海外発送についてはMyUSと提携しているのでそちらを利用してくださいということです。

MyUSというのは、有名な転送業者です。転送業者についての記事はこちらをご確認ください。

 

 

 2-5. カートに入れて確認

商品をカートに入れて配送方法を確認する

こちらの仕入先サイトは、カートに商品を入れてチェックアウトまで進めると配送方法を確認ができるサイトです。

どのサイトでも、インフォメーションで確認した上で、一旦チェックアウトまで進めて確認する方が確実です。

 

そして、仕入れ先によっては配送業者を選択できますのでそれぞれ、どれくらいの期間がかかるのか、料金はいくらか
追跡確認の有無を確認して判断してくださいね。

 

 

3. 日本に発送しないサイト

国外へは発送しないと表示

最後に、日本へ直送をしないサイトの紹介です。

海外発送はしないというサイトは転送業者やパートナーに買い付けを依頼することとなります。

 

その際の手数料や送料がかかってきますので、初心者で注文が疎らな状態だと転送で利益は出しにくいです。

しかし、初心者で受注数が少なくても一点あたりの送料の安い『らいおん便』という転送業者を利用すればしっかり利益を出すことができます。

 

 

まとめ

今日のブログ、お読みいただきありがとうございました。

BUYMA(バイマ)スタートしたばかりだと一つ一つ、小さなことも大きなことも全てが不安になると思います。

 

見るべきポイントであったり、確認するべきことが具体的に理解さえできればBUYMAの仕入れは難しいことはありません。

 

仕入先が日本へ発送可能なのか不可なのか確認して、発送できない場合は輸入代行業者や転送会社を利用すれば大丈夫です。

転送についてはこちらの記事で解説していますので、是非、チャレンジしてみてください。

 

 

この記事をシェアする?

BUYMA パーソナルショッパーズガイド
無料で毎朝配信
「一問一答メルマガ」

今日からはじめられる!
サラリーマン・OL・主婦、誰でも!
初心者読者さんの質問に毎日答えるモーニングメールマガジン



BUYMA パーソナルショッパーズガイド
BUYMAの初心者のための
「完全スタートガイド」

BUYMAの教材をプレゼント!
無料メルマガで活動をサポート!
BUYMAの登録方法からリサーチなどの基本がわかる!



ABOUTこの記事をかいた人

バイマのブログを運営しているパーソナルショッパーディレクター江川誠一です。このブログではBUYMA初心者が在宅で稼ぐ方法を中心に書いてます。家族とのんびり暮らしたいので会社を辞めて湘南に移住してバイヤーとブログで食べてます。