バイマのリサーチ方法-稼ぐための5つのポイント

woman sitting on her suitcase waiting for the sunset

リサーチを理解する

BUYMA(バイマ)のリサーチ

何が売れているのか探す

BUYMA初心者のリサーチで大切なのは、あなたが何を売りたいかではなく

BUYMA内で何が売れているのか徹底的にリサーチをすることです。

 

「私はGucciが好きだからGucciのキーケースを売りたいけど全然売れないんです。。」

 

これは実際に相談を受けた例ですが、「Gucciが好きだからGucciを売りたい!」

気持ちはわかります!でも、それでは売れません。

 

将来的に売りたいものを売るというのは理想ですが、

はじめのうちはBUYMA内で売れているものを探すことを徹底しましょう。

 

自分の好きなブランドや商品だからと言って出品しても

需要がなければ一向に売れません。売れなければ全く利益になりません。

 

特に実績も評価も少ない初心者から購入するお客様の心理になれば、

そんな新米ショッパーから購入する理由は

 

「人気商品(欲しい商品)が最安値で購入出来るから」

 

これしかないです。

そのためには、売れるものをリサーチするしかありません!

 

 

簡単に見つける方法

じゃあ、自分のセンスや好き嫌いは関係なくリサーチするとして

一体どうやって見つけたらいいのか?

 

一日中リサーチしたけど商品が見つからない。

最安値では赤字になってしまう。

もう、BUYMAは飽和していて稼げないのではないか?

 

わからないまま進めていくと不安がどんどん大きくなり、

諦めムードが漂ってきます。

 

大丈夫ですよ!

5つのポイントを理解すれば難しくありません。

リサーチはやればやるほど簡単になります。

 

リサーチの方法

リサーチというとなんとなく商品を見つけることと

認識されてると思いますが、それぞれ順に理解しましょう。

 

商品リサーチ

売れている商品をリサーチする。

バイマで売れているものを人気順にリサーチします。

販売履歴から売れている商品を見つけることもできます。

(ツールを使用すれば、何が何個、どれくらいの期間で

いくら売れているかなど手に取るようにわかります)

価格差のある商品リサーチ方法-バイマで稼ぐポイント

2016.10.06

 

ブランドリサーチ

売れるブランドのリサーチです。

ブランドごとに出品数や参入ショッパー数を確認、

月間の売上規模も確認できると更にいいですね!

バイマのブランドリサーチは一攫千金狙いで稼ぐ-その方法とは-

2016.10.06
 

モデリングショッパーのリサーチ 

売れているショッパーをリサーチします。

何もわからないといきなりプレミアムショッパーや

ランキング上位のショッパーをリサーチしてしまいますが、

ポイントは自分に近く少し先を行くショッパーを見つけることです。

 

仕入先リサーチ

仕入先をリサーチします。

売れている商品を確認したらそれがいくらなのか

仕入先からリサーチします。

商品名の英語表記やGoogle画像検索で探すことが

最もポピュラーですね。

 

戦略リサーチ

これが一番重要だと思います。

何をどのようにリサーチして、どこから販売しているのか。

クーポンやキャッシュバックは?

物流の状況は?

 

この意識がないと、いつまで経っても

単純に仕入先が見つからないとか、

売れていて価格差のある商品が見つからないと

思ってしまいます。

 

本当はあなたも見つけられているけど、

その背景がわからずに次々進んでしまっているだけかも

しれません。

 

各項目でここまでしっかりリサーチができれば

BUYMA(バイマ)は攻略できます。

woman sitting on her suitcase waiting for the sunset

この記事をシェアする?

起業・副業 はじめの一歩セミナー

明日からはじめられる!
サラリーマン・OL・主婦、誰でも!
『月5万円!!やる気さえあれば誰がやってもお小遣いを稼げる
非常に再現性の高い負け知らずビジネス』

お小遣いを稼ぎたい人、独立・起業を考えている人に向けて
起業や副業の“はじめの一歩”をお教えします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

35歳で11年勤めた会社を退職。知識や経験ゼロの状態でインターネットを活用した輸入物販ビジネスをスタート。開始から9ヶ月で組織化。その後は、個人で稼ぐ力を伝えるために毎月セミナー開催。ネットビジネスの枠を超え、海外ブランドと総代理店契約を結び日本法人設立。ブランド経営の傍ら起業や副業のセミナーを開催している。