月収と月商の違い〜元サラリーマンがバイマで月収130万円

Obscene hand gesture

どうも!江川です。

先週、土曜日は『起業家アカデミー』の勉強会に出席しました!!
起業家アカデミーについてはこちらもご覧ください→主婦やサラリーマンが週末に集まり稼ぐ方法を情報共有

 

BUYMA(バイマ)ビジネス単体で先月は念願の月収100万円を超え、130万円という

成果を出す事ができましたので月収130万円達成の秘密を共有

させていただきました!

 

全国から物販プレイヤー63名が名古屋に集結しており

この日は、月収100万円プレイヤーが「8名」、

月収30万円プレイヤーが「21名」参加!

 

ブログでもBUYMA(バイマ)道のりについて書いていきます。

今回は月収130万円方法についてお話しますが、その前に一言

初歩的なお話があります。

 

ネットでビジネス系のブログを検索していると稼いだ額を

月商と表現したり月収と表現したりややこしくないですか?

 

企業など全体の売上規模を伝える必要がある場合は月商で表現します。

個人で活動しているようなネットビジネスの成果は月商で表しても

はっきり言ってなんの意味もありません。

 

広告費バンバンかけて無理やり売上を作ったり

利益度外視の価格で転売で売りまくって月商1000万、月収500円

だったら「なんじゃそりゃ」って感じですよね。。

 

月商・月収・月利益・月利

初歩的なお話

まず、こういったビジネスブログ(特にインターネットビジネス)では、

成果を数値で報告をします。

 

その発信者が実際どれくらい稼いでいるのか?本当に実績があるのか?

それを知ってもらうために報告するのは当然ですが、

間違った認識が多かったり、それを利用した発信などもありますので注意してください。

どういうことか簡単に説明しますね。

 

月商と月収の違い

月商というのはその月の売上を指します。

そこから仕入れや経費などを引いて月収となります。

月商 ー 経費等 = 月収

 

月商はあくまでも売上のみの話ですので、

月商100万円でも経費が100万円かかっていれば利益は0円です。

場合によっては赤字かもしれません。

 

例えばそのビジネスがアフィリエイトであれば、

広告などをかけていなければ、売上のほとんどが利益となりますので

月商という表現でも大きく誤差はないかもしれません。(かもです。)

 

しかし、物販ビジネスでは、必ず商品の仕入れ費用がかかります。

送料や手数料も必ずと言っていいほどかかります。

それでは、その経費を引いて手元に残る月利益を月収として

表現することが正しいと思います。

 

なぜ月商の表現を使うの?

月商1000万円と言っても月利益がいくらなのかは全くわかりません。

バイマ月商100万円とか言っても、

月利益はよくて30万円〜40万円。(利益率30%〜40%は中級上級者です。)

一般的には月利益15万円〜20万円くらいです。(初心者の利益率は15%前後です。)

 

では何故、わざわざわかりにくい月商という表現を使う発信者がいるかというと

・そもそも、理解していない

・月利益は小さいため、数字を大きく見せるために使っている

のどちらかです。

月商という表現には何か裏があるので注意してくださいね。

 

月利という表現は問題外

さて、月利についてですが、

これは問題外です。月利の意味は

1か月を単位とした利率・利息。 です。。。

 

え?

 

月利30万円稼ぐ〜 とか

開始二ヶ月で月利10万円達成〜 とか

完全に勘違いのレベルです。

 

そこは、大人の事情として流していただくか、

その程度なら、やっぱり信用できないとするかは

個人の自由ですが、注意は必要ですね。

 

 

月利益130万円稼いだ方法をお伝えする前の一言で

記事が終わってしまいました。

次回、月利益130万円稼いだ方法についてお伝えしますね!

 

これからもBUYMA(バイマ)の稼ぐ道のりを

存分に参考にしてくださいね!

 

まとめ

・月商と月収は全然違う。月商は赤字かも?

・月商を使うのは数字を大きく見せたいだけ。

・月利は利息の意味だから、大きな勘違い。

Seiichi Egawa
Google検索で バイマ 月利 と検索すると結構ヒットしますね。。♪

 

>>次のページは
元サラリーマンがバイマで月収130万円-はじめの活動量はどれくらい?-

 

Obscene hand gesture

この記事をシェアする?

起業・副業 はじめの一歩セミナー

明日からはじめられる!
サラリーマン・OL・主婦、誰でも!
『月5万円!!やる気さえあれば誰がやってもお小遣いを稼げる
非常に再現性の高い負け知らずビジネス』

お小遣いを稼ぎたい人、独立・起業を考えている人に向けて
起業や副業の“はじめの一歩”をお教えします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

35歳で11年勤めた会社を退職。知識や経験ゼロの状態でインターネットを活用した輸入物販ビジネスをスタート。開始から9ヶ月で組織化。その後は、個人で稼ぐ力を伝えるために毎月セミナー開催。ネットビジネスの枠を超え、海外ブランドと総代理店契約を結び日本法人設立。ブランド経営の傍ら起業や副業のセミナーを開催している。